【翌日も残る疲労感】疲れやすい人の特徴と改善方法

【翌日も残る疲労感】疲れやすい人の特徴と改善方法

寝ても寝ても、眠い。

ぐっすり眠ったはずなのに、起きた時に倦怠感がある。

なかなかやる気がでず、ボーッとしてしまう。

 

そんな方も多いのではないでしょうか?

日々の業務、終わらない家事に追われ、ついつい疲労を溜め込んでいる人も多いと思います。

今回は、疲れやすい人の特徴と原因、その改善方法を紹介していきます。

 

この記事の中で、健康な生活のヒントを一つでも掴んでもらえたら嬉しいです。

 

 

疲れやすい人の特徴

それでは、疲れやすい人の特徴を紹介していきます。

自分の生活にいくつ当てはまるか確認してみてくださいね。

 

 

疲れがとれない人の特徴 〜食生活編〜

満腹になるまで食べてしまう

糖質制限をしている/厳しめのダイエットをしている

朝食を抜いている

早食いをしている

栄養ドリンク/コーヒーを飲み過ぎている

満腹になるまで、食事を摂ってしまうと、内臓に負担をかけてしまいます。

逆に、食べなさすぎても、体にエネルギーを供給できず、脳疲労が改善されません。

栄養ドリンクやコーヒーを飲むと一時的に快活になったように感じますが、

疲労は蓄積されているので、注意しましょう。

 

 

疲れがとれない人の特徴 〜性格編〜

理想が高く完璧主義

心配性

周りの目を気にしやすい

性格や思考については、その人の個性なので、なかなか改善することは難しいですが、

疲労の原因の一つになっていることを知るだけでも、気持ちが軽くなるかもしれません。

完璧主義で心配性だと、思い通りに行かなかった時に、自分自身を責めてしまい、精神的負担がかかります。

また、周りの目を気にしすぎてしまう人も、常に周囲に意識を向けているので、ストレスが溜まってしまうでしょう。

リラックスできる時間を積極的にもったり、自分の正直な気持ちを誰かに打ち明けたりすると良いですね!

 

 

疲れがとれない人の特徴 〜睡眠編〜

お風呂に浸かっていない

寝る直前までPC・スマホの画面をみている

湯船に浸からず、シャワーで済ませている人も多いと思います。

お風呂でゆっくり体を温めることは、血液循環を促したり、体をリラックスモードにしたり、良い効果がたくさんあります。

お風呂の時間を使って、心と体をリラックスさせましょう。

なかなか寝付けずに、布団に入ってからもスマホをいじってしまう人も多いでしょう。

寝る前にPCやスマホを見てしまうと、脳が覚醒してしまい、睡眠の質を下げてしまいます。

疲れをとれるように、快眠を目指しましょう!

 

 

どうして疲労が残るの…?

疲れは、肉体的疲労、精神的疲労、神経的疲労に分けられます。

なぜそれらの疲労が残ってしまうのかを紹介していきます。

 

肉体的疲労の原因

肉体疲労の原因は、筋肉を動かすためのエネルギーが不足してしまうことです。

筋肉は、エネルギーが不足した状態では力を発揮することができません。

エネルギー不足の状態で体を動かすと、筋肉が疲労してしまいます。

 

もう一つの原因は、疲労物質(乳酸)の蓄積です。

糖質が分解されて、エネルギーとなる時にできるのが乳酸です。

筋肉は酸性に弱いため、乳酸が蓄積されると充分に働けなくなります。

それが疲れやだるさ、筋肉の張りとなって表れます。

 

また、同じ姿勢を続けるなどをして一部の筋肉が緊張を続けていれば、

そこに乳酸が溜まり、確実に筋肉の働きは悪くなります。

 

筋肉は適度に動かさないと萎縮し、どんどん弱くなっていきます。

動かないこと、同じ姿勢を続けることが、更に疲れやすい体をつくってしまうのです。

 

肉体的疲労を蓄積させないために、筋肉にエネルギーを供給すること、乳酸を溜めないことが大切です!

 

 

精神的疲労・神経的疲労の原因

精神的疲労は、人間関係や悩み事などのストレスを原因とする心の疲れです。

日常生活でストレスが多くなるほど、精神的疲労が溜まりやすくなります。

 

神経疲労は、デスクワークなどで視神経や脳が緊張した状態が続くことによって起こる、頭の疲れです。

肉体的な疲れだけでなく、脳の疲労も疲れが解消されない原因となります。

 

特に、運動不足で脳疲労が蓄積している場合は疲労感が大きくなります。

ストレスで脳が緊張している間は、交感神経の働きによって内臓や筋肉は働き続けてしまいます。

そのため、体の疲労も溜まってしまうのです。

身体的疲労と神経的疲労が溜まっていくと、精神状態にも影響を与えます。

 

身体的疲労、精神的疲労、精神的疲労は繋がっています。

疲労の蓄積を放っておいて、しつこい疲労へとつながらないように気をつけましょう

 

 

疲れをとる方法

同じ姿勢を続けないようにしよう

デスクワークや家事などで長い時間同じ姿勢を続けていると、

一部の筋肉が緊張し、そこに乳酸が溜まってきます。

 

さらに動かさない筋肉は血行が悪く、乳酸が流れ出にくいため、なかなか疲れがとれません。

筋肉に負担をかけすぎないようにするには、正しい姿勢を心がけましょう。

 

パソコンで作業をしたり、スマホで動画を見たりする時間の合間に、

ストレッチをしたり、正しい姿勢に直したりして、

乳酸が溜まらないように工夫しましょう!

 

 

リラックスする時間を持とう

心と身体をリフレッシュする時間を持つことが大切です。

お風呂は浮力・水圧・水温の働きで筋肉を緩ませ、血液循環をよくします。

 

この時、体内の老廃物を排出させるとともに、神経の緊張も心地よくほぐしてくれます。

ぬるめのお風呂にのんびり入って、リラックスしましょう。

このとき、お風呂の中で、疲れている部分をマッサージするとより効果的です。

 

 

散歩をしよう

適度な運動は、筋肉や内臓の働きを活発にし、血液の循環を良くするうえ、

疲れにくい元気な身体を作ることにも役立ちます。

 

また、自然の中をのんびり散歩することは、心のリフレッシュにも最適です。

自分のペースで楽しみましょう!

 

 

睡眠を大切にしよう

睡眠中に分泌量が増える成長ホルモンは、筋肉量をキープしたり、

コレステロール値の上昇を抑制したりするだけでなく、疲労解消にも重要な役割を担っています。

 

つまり、慢性的な寝不足や浅い眠りは、疲れをどんどん蓄積してしまうのです。

早めの就寝はもちろん重要ですが、睡眠の質も上げる工夫をしましょう。

 

 

疲れやすい人は〇〇を見直しましょう!

 

食生活を見直す

→体に必要なエネルギーを供給しましょう。バランスの良い食事、腹八分目を心がけましょう。

 

運動習慣を見直す

→乳酸が溜まらないように適度な運動をしましょう。

 

睡眠を見直す

→湯船に浸かって体をリラックスモードにしましょう。

→ぐっすり眠れるように、寝る前にPCやスマホを触らないようにしましょう。

 

より疲れについて詳しく知りたい方は、こちらの記事も合わせてお読みくださいね。

 

オンラインフィットネス【FitNext】

FitNextはパーソナル型のオンラインフィットネスです。

画面越しに、現役トレーナーが丁寧にトレーニング指導致します。

 

【人生100年時代】

変化の多いこれからの時代を生き抜く時、

自分の身体が大切な資本となります。

 

FitNextは、お客様がいつまでも若々しく健康でいられるように、

ジュニアからシニアまで

「健康になりたい!」と思う

全ての世代の方を応援します。

 

元小学校教員で、

フィットネスジム/高齢者向けフィットネスジムの現役トレーナーが

お客様のニーズに合ったトレーニングプランを提案させて頂きます。

 

また、FitNextは運動の習慣化を目指しています。

“トレーニングを継続していく”

それが、健康な身体作りの基礎となります。

 

FitNextは【入会金無し】【退会金無し】

1回のトレーニング毎のお支払いが可能です。

 

「仕事や家事が忙しくて時間が無い」

そんな方でも、隙間の時間でトレーニングができるように【30分コース】も用意しております。

 

お子様と一緒に、

お友達と一緒に、

ご両親と一緒に、

楽しく身体を動かしてみませんか?

 

オンラインでの環境が整えば、

ご家庭でも、

仕事場でも、

どこでもトレーニング可能!

 

いつでも、どこでも、

人目を気にせずにパーソナルトレーニングを受けられる。

 

是非FitNextをご利用ください!

【料金】

オンラインフィットネス60分1500円(税込み)

オンラインフィットネス30分980円(税込み)

 

【選べる9つのコース】

・ストレッチコース     ・下半身強化コース

・上半身引き締めコース   ・体幹トレーニングコース

・肩こり・猫背改善コース  ・腰痛改善コース

・キッズコース       ・ダイエットコース

・ボディメイクコース

 

詳しくはこちらのページをご覧ください。

 

お申し込みはこちらから

FitNextで健康な身体を手に入れませんか

CTA-IMAGE オンラインフィットネス・パーソナルトレーニングに興味をお持ちの方は、こちらからお申し込みください。